大阪産業大学技術士会とは

技術士会について

 

1.最近の動向

 

 わが国が21世紀の目標に掲げる「科学技術創造立国」の実現に向けて、近年、「技術士」制度の重要性が高まってきています。

 

2.活動理念と活動方針

 

 「技術士とは、「技術士法」に基づく国家資格で、その称号を付与された技術者は、「科学技術に関する高度な応用能力を備えている」と国から認定されたことを意味します。また、技術士は、資質向上、公益確保の責務を堅持しながら行動することや、科学技術と国民とのつなぎ役、またAPECエンジニアとして認証を得れば国際的にも活躍の場が広がるなど、「科学技術創造立国」を実現するためのリーダー的な役割を担うことが期待されています。

 私たち有志一同は、こうした背景を踏まえ、修習技術者および技術士の支援、資質向上、社会貢献などを目的とする「大阪産業大学技術士会」を設立する運びとなりました。

 

活動方針としては、

①技術士資格取得支援

 将来の優れた技術者の育成に努める。

 

②講演会などを通じたCPD(生涯学習)支援

 学内外の講師を招聘して講演会を開催し、資質の向上に資するよう努めていく。

 

③技術向上・職業倫理の相互啓発

 会員相互のネットワークにより積極的な情報交換をおこない、技術向上、職業倫理を相互に啓発する。

 

④産官学会員相互の交流と自由な意見交換